【wows】ASIA(SEA)民のためのNA/EU/RU鯖移住tips

(2018.11.19更新)

 

この記事ではタイトルの通り、他鯖(NA/EU/RU(CIS))でwowsを一からプレイしようとするプレイヤーに向けた解説を行う。

ちなみに、向こうではアジ鯖のことは、ASIA serverと呼ばずにSEA serverと呼ぶのが普通らしい。なので以降はSEAと呼ぶ。
RU/CISも同様の理由で、RUに統一している。

この記事は基本的にNA移住を前提にして書いてあるが、EU鯖/RU鯖でも操作は同様なので適宜うまく読み替えてほしい。

 

 

【序】

  1. 大体疑問に思ってることは英語でググればEUかNAのforumのどっかに出てくるが、英語noobで分からない単語を調べても読めないという場合は、英語も勉強しよう。大層細やかな文法を見る受験英語じゃなくて実用英語、文法は高1ぐらいまでのレベルで十分。
  2. ユニカム以外はこれ見て、マジ神記事。
    これ5回読むだけで40%の人は50%に、50%の人は55%になるレベル。

【アカウント開設/招待プログラム】

既存のNA民に招待プログラムで誘ってもらうのがベター。tier6まで進めた際にtexusが貰えるほか、8万フリー経験値とクレジット3M、各種信号機25枚とスロット1つが貰える。

下記は招待プログラムのリンクなので、欲しい人はどうぞ。

[NA]

[EU]

[RU]

invitation code(初回登録時限定で何かもらえるcode/期限アリ)は、The Armored PatrolやThe Daily Bounceなどの情報サイトに書かれていたりするので、「wows code」などで検索してみるとよい。


ただし下記の手順をしっかり踏み、ちゃんと登録されていることを確認すること。登録されているかどうかは、誘ったプレイヤーのrecruit programのページに自分の名前が登録されているかどうかという点からも確認できる。招待する側のページはこんなの。どこまで報酬を獲得したか、プレイヤー毎に確認することができる。

f:id:abyssilem:20170105072821p:plain

[手順]

招待プログラムを利用する場合、必ず下記の手順を踏むように。

  1. 招待プログラムからアカウントを作成する
  2. 登録したメールアドレスに送られてくるメールのlink「CREATE ACCOUNT」をクリック

    f:id:abyssilem:20170330032738p:plain

  3. リンク先に行くと「アナタはXXXさんから招待を受けました」という画面が出るのでACCEPTボタンを押す。
    すると下記のような画面が表示される。

    f:id:abyssilem:20170726030910p:plain

    最初の四角(黒ブチ)で囲った部分にあなたのIGN(=InGameName)が、二行目の四角(青ブチ)で囲った部分に招待者のIGNが表示される。

    この画面が表示されて初めて招待プログラムを受けた扱いになる

  4. coop/random問わず一戦してdianaが貰えたことを確認する、貰えていないなら招待プログラムへの登録ができていないのでリンクを踏み直すか、上手くいかないなら別垢を作って上の流れをもう一度行う。

    ※招待プログラムの受諾はアカウントレベル2まで可能。

[注意]
※反映(dianaが貰える)までに時間がかかる場合もあるそうなので注意。招待側のリストに名前があれば大体時間が経った後に貰えるが、正規の手順を踏んでもリストに名前が載らない場合があるので、その場合は新垢を作る
※ただ招待リンクからアカウントを作るだけでは招待プログラムに登録されない。後からチケットを切って手動で追加してくれと頼んでも招待側のリストに載っていない限り運営は無慈悲な対応しかしれない。

 

【クライアント/接続】

現状は以下の2つの方法がある

  1. NAcliantを入れる
  2. mod(AslainMOD)を導入する

※アップデート0.7.0.0より仕様が変更され、script_config単体の書き換えでは他鯖に接続できなくなっている

上記二つは差がほとんどない(ver0.7.0.0以前と異なり、mod導入によってclan/inventoryも他鯖クライアントで接続可能になった)ので、HDD/SSDの容量に合わせて選択するとよい。

ただし、プログラム自体にも修正がちょこちょこ入るので、CWに参加している人など「プレイすると決めた日には必ずNAに入りたい」と考える人はその鯖のクライアントを入れておく方が安全。

一度aslainからregion changerを適用すると、しばらくの間はそれを使いまわせる。
鯖変更のために変更するファイルは、engine_config.xml/script_config.xmlの二つだけ。
これをwowsのフォルダ内のどこかに保存しておいて、アプデごとにres_modに突っ込めばよい。
※ただし、ツリーに改編が来た場合にはその限りではない。既に所持している艦艇をプレイするだけならば昔のverのregion changerで構わないが、tech treeから追加された艦艇を買うことが必要な場合は最新版のmodを入れること

[補足1: クライアントの言語変更方法]
RUクライアントを導入するとロシア語などスラブ語系言語しか選べないため、特殊な言語訓練を受けていない人以外はそのままではプレイすることが難しい。
その場合、クライアントの言語変更をする必要がある。方法については丁寧に書いてある下記記事参照。
また、英語が読めない人はこれをそのまま使えばどこの鯖のクライアントでも日本語化できる。

これも上同様に、仕様変更までは使いまわせる。
ただし、ファイルをいじって言語設定を変えた場合、エイプリルフールなど普段あるモードとは別のゲームモードに接続すると、船の名前が生IDになって不便。


[補足2: クライアント間の設定同期]
別クライアントを使うと、キー設定から戦場でのミニマップ設定(艦名の表示/隠蔽距離などの範囲円表示など)まで新たに設定しなければいけないが、元のクライアントのpreference.xmlをコピペすれば従来の設定がそのまま使える。

 

【課金】

海外鯖はどこもクレジット関係(VISA/MasterCard/paypal)しか課金手段は存在しない。

クレジットカード持ってない人は、手数料がかかるもののVISAカードの代わりになるVプリカで課金することが可能。詳しくは自分でググって。端数はamazonポイントに還元できるらしい。
手数料がもったいないと思うのであれば、デビットカード。発行元によっては中高生でも作れる。

 

【遊び方/re-roll tips】

[サーバー間比較]

 

日本からの場合、ラグが少ないのはNA>RU>EUの順。
いわゆるゴールデンタイム(PrimeTime)とおおよその人口は以下の通り。


NA: 09:00-14:00、11000-15000
EU: 23:00-04:00、23000-27000
RU: 23:00-04:00、23000-27000

 

全サーバーtier10まで作ってみての感想になるが、日本人が2ch/twitter/forumで書いているサーバー間の戦術論は95%間違っているか相当古い。

なので、ランダムでの傾向でどのサーバーに行くか迷っている人は、各自twitchやyoutubeなどであらかじめ確認しておくといいだろう。

 

 

[早くtech treeを進めたい人のためのtips]

このtexusや3Mクレジット・8万フリーなどのtier6以上の艦艇でプレイすると貰える報酬は、プレ艦でも適用される。tier6以上のプレ艦を一隻手に入れて1戦すると上記の報酬が貰えるため、進めたいツリーの低tierをそのフリーやクレジットで飛ばすというのはアリ。

因みにアカウント作成後ソロだとすぐにはランダムに出られないが、分隊を組んで分隊長を既存のアカウントにすればランダムに出られる。(分隊長がゲームモードを選択できるため)

分隊員さえ用意できれば高tierの船をいきなり買って、艦長やUG、信号旗などが解放されていないアカウントレベル1という真正のストック状態でランダム戦に殴り込むことも可能である。

なお初心者優遇は仮に適用されるtierであっても分隊長のゲームモードが優先されるため適用されない。

 

[re-rollのtips]

ツリーを進める際は最初から1か月ぐらいのプレ垢を買って集中的に1本のツリーを進めることをお勧めする。
ダブロンも3000程度あると、艦長乗せ換えやフリーでのモジュール開発、アップグレードの付け替えによるクレジット節約などで比較的ストレスなくツリーを進められるのでオススメ。
また、最近はどのサーバーでも経験値系の旗をまとめて販売しているので、これは買った方がよい。明らかに経験値効率が早くなる。
従って、tier10に早く到達しようとすると最低限3500円ぐらいかかる(プレ垢/旗セット/ダブロン)。
艦長に関しては、知り合いがいるならtier6PvEで10艦長(日独英ソ)を入手可能だが、ユニーク艦長やコラボ艦長(はいふり/アズレンなど)があると最初から10ポイント艦長を使えるので、それを買うのもアリ。

なお、ソロ専完全無課金でもtier10まで作ることはできる。
ただしツリー分裂による艦艇増殖を利用したり、イベントをちゃんとこなしたりしてクレジットを稼ぐのでなければ、延々と特異な艦種のtier5-6のツリー艦またはtexusを乗り回すことになる。
当然高tierで勝ち越すことができる実力も必要になるので、これは色々と極めてしまった人向け。
昔に比べると、コンテナによって毎日20万クレジット相当がもらえたり、ログインボーナスがついてダブロンが貰えるようになったり、と相当環境としては優しくなっている。

身近なre-roll勢を見ている限り、プレ垢有の場合はどの艦種を用いていてもランダム戦で大よそ70戦程度をこなせばtier7まで到達するようだ。
極めると100戦以内でtier10が作れるらしい。業者垂涎の技術。

teir9まではその前のtierの船や初期モジュールを売り払えば順調にtierを進められる。しかしプレ垢でもtier10購入資金は足りない。プレ艦を買わないのであれば、フリー変換用の経験値稼ぎを兼ねてtexusか得意なtierのツリー艦で稼いでおくとよい。
フレンドが4人ぐらい揃うなら、Aegisやcherry blossom稼ぎもアリ。そういう目的で現地クランに入るのも一興だと思う。
普通にプレ艦を買うのも手、サーバーによって販売されているプレ艦は違うのでtech treeやプレミアムショップを必ず自分で確認すること。

高tierにガン籠りするつもりならtexus/shinonomeを売却するのも手段としてはアリ、売却すると3M/隻ぐらいになる。
以外に馬鹿にできないのが、信号旗の売却から得られるクレジット。
ちょこちょこ貯めていた分を売り払うと10Mぐらい稼げたりする。なので、tree開発中は経験値やクレジットの増加系以外は使わずにとっておくとよい。
rankの開催してる時期にやっているのであれば、通例rank10ぐらいまでは若干のダブロンに加えて信号旗が配布されるので、クレジットが足りない場合はrank10までは進めるといいだろう。

 

【clan/team】

[NA]

このblogの筆者は[MCGA]Make Carrier Great Againに参加している。現状は身内まったりJP中心クランだが、NAでクラン戦(CW)やチーム戦(TB)に定期的に参加したいので、現在[MCGA]は集団戦コンテンツに興味を持つNAメインのクラン員を国籍関係なしに募集している。

現状日本人中心なので日本語がある程度読み書きできた方がよいが、この記事を読んでいる人は恐らく大丈夫。クランにも種々のボーナスが付いたので入ってみてもいいのではないか。

筆者の調べた限りでは、日本クランで唯一定期的にCWへ参加しているクランである。
第一期では78戦で最高ランクのTyphoon-I(NA39位)。
第二期は108戦でTyphoon-I所属(NA58位)。
第三期は1XX戦でStorm-I所属(NA72位)

 

どんな感じだったのかは、第二期までは簡易的な活動記録を担当者が書いておいたので下でも見てほしい。

より詳しくクラン概要や応募条件・応募方法、施設(クランボーナス)詳細などの情報を知りたい人は以下参照のこと。日英両方あるのでお好きなほうをどうぞ。ちなみに日本語の方が詳しく記載されている。

※MCGAのほとんどのメンバーは既にSEA鯖で7vs7のTB/CWの経験がそこそこあるが、TB/CW未経験者でも応募を受け付けている。

[MCGA]以外にもクランはあるし、野良で暴れまくっているとstats調べたクラン側から声掛けしてくることもある。

折角なのでNAの現地強豪クランに入ってみてもいいんじゃないだろうか。有名どころも含め、色んな所がforumで公募をかけている。

[EU/RU]

EUもforumで強豪クランが公募しているので、興味があるなら応募してみるといいと思う。国籍別クランもあるが、強豪クランは大体英語を公用語にしているので、日本人でも参加しやすい。
筆者はクライアント内にある分隊募集機能の自己紹介文に「EUでのクラン探してる、興味あったらPMちょーだい」と書いて一晩放置しておいたら、そこそこ招待が飛んできたので、日常会話程度の英語ができれば適当にやっても何とかなる。
(他鯖だと思った以上にあの分隊募集機能を見てるプレイヤーが多い)

RUは強豪の国際クランがそもそも存在するのか、存在してもどこに公募や連絡先があるのかが全く分からない。


ちなみに、アカウントレベル1でも招待を受ければクランに加入することができる。
入る場合は、左上のinventoryやnewsの観られる一覧にあるclanという名前のタブからクランページに接続できる。
ただしクランボーナスを受けるにはクラン規模に応じたoilの納入が必要

 

【宣伝】

wows飽きた民はシャニマスでもやろう。
アイマス系だから札束ゲーかと思いきや無課金でも遊べる上に、シミュレーションゲームとしてのゲーム性が高くて面白い

おわり。